ぱおぱおと危ないおじさん06

ぱおぱおとおパンティおじさん05

おパンティおじさんは
全然こっちを見ていなかったので
たまたま駅に来たのだと思った。

逃げたら怪しまれると思ったわたしは
堂々とすれ違うことにした。

 

クールに階段を駆け降りながら
おじさんの動きを分析した。

 

 

 

じっくり見極めて

 

華麗なフットワークで
方向転換して
おじさんの横を抜けた。

 

やった。

ついにやったのだ…!

 

そう思った矢先だった。

 

 

おじさんはわたしの目の前にいた。

 



 

おパンティおじさんシリーズ

第一話はこちら👇

ぱおぱおとおパンティおじさん01

Twitter


いまさらですが、昔登録したTwitterの更新はじめました☺️
(画像クリックで見られます)

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

Advertisement