【12】仕事が嫌になったのでチャットレディになった話

 

avatar

ぱおぱお

※本シリーズは、チャットレディを推奨する記事ではありません。あらかじめご了承ください。

あらすじ

 

 

近づいてくるおっさんと、プチパニックなぱおぱお。

 

チャットスタート

おっさんはなぜかマイクをオンにしていたので、おっさんの息づかいが「フーッ」「フーッ」「フーッ」と聞こえてきて、普通に怖かった。

なんか顔も近いし(そもそもお客さん側は顔出してこない)、ずっと黙っているし、怖すぎるからしれっとチャットルームから退室してしまおうかと思った時だった。

 

おっさんが「English?」と言ってきた。

 

English…?

日本人じゃないの?と思ったら、他のお客さんと違いすぎる行動にも納得した。

しかしぱおぱお、中一で習った英単語すら怪しいレベルに英語は苦手。

 

とりあえず謝った。

 

メッセージを送ると、おっさんはまたフリーズしたが、

 

 

噛みしめるように頷いてくれた。



Advertisement